軽減税率 飲食店 負担

消費税の軽減税率の導入で飲食店やスーパーなどが苦労する点についてまとめています。
MENU

消費税の軽減税率の導入で飲食店やスーパーなどが苦労する点についてまとめています。

消費税の軽減税率の負担は飲食店やスーパーなどの食品関係の企業に重くのしかかります。具体的にどんな影響があるのかと言うと・・・

 

レジの負担
税務会計業務の負担

 

が主なところですが、それ以外にも、軽減税率を加味した商品開発や仕入れの問題なども出てきそうですし、「外食」が軽減税率の対象外になると、レジでは、「持ち帰り」で購入しそのまま店内で食べる客なども増えそうです。

 

レジの負担はとしては、軽減税率に対応したシステムに変える必要があったりレジを扱う従業員への教育指導などもあると思います。10代のバイトの子に軽減税率を説明するのも難しいかもしれません。

 

また、経理部門の負担は甚大になると予想されています。

 

軽減税率に対応した会計ソフトの記事

 

でも書いていますので詳細は省きますが、相当苦労されることになると思います。

 

また、軽減税率の導入で消費者のモノの買い方にも影響が出ると思われますので、陳列や仕入れから在庫管理も導入当初はしばらく試行錯誤が続くかもしれません。

 

さらに言えば、スーパーなどでは「線引きが難しい」、「軽減税率対象か悩む」ような商品については、「軽減税率対象商品です!」「軽減税率対象外!」のようなPOPなども必要になるかもしれません。

 

例えば、酒類は対象外ですが、「ノンアルコールビール」「甘酒」「調理酒」は対象なのか?といった素朴な疑問もあります。

 

また、「持ち帰り」で購入しそのまま店内で食べるような迷惑客なども増えそうです。お店側としては、税金分は納税するので安く買ってもらえれば結局は同じことかもしれませんが、厳密に言えば、お客は「脱税行為」にあたります。

 

また、お店はそれを見過ごせば「脱税を助けている」とも言われかねません。もしかしたら税務署などからそういった客に対する注意喚起を依頼されるかもしれませんし、店内で「外食」として消費英10%を支払って食べている客からすると8%の「持ち帰り」客が店内で飲食することは面白くないでしょう。

 

客同士のトラブルや、お店が注意しないことへの不満をぶつけてくる客も間違いなく出てくるでしょう。

 

このページの先頭へ