軽減税率 対応 会計ソフト

軽減税率がスタートすると企業や事業主の中で軽減税率対象になる商品を販売している場合には、軽減税率に対応した会計ソフトを導入しなければなりません。これがなかなかの曲者です。
MENU

軽減税率に対応した会計ソフト

軽減税率がスタートすると企業や事業主の中で軽減税率対象になる商品を販売している場合には、軽減税率に対応した会計ソフトを導入しなければなりません。これがなかなかの曲者です。

 

軽減税率対象の品目を販売している事業所の場合、インボイスの発行や税率ごとに売り上げを分けて会計処理が必要になることが予想されます。軽減税率の導入で会計業務などにどのような縛りが出てくるかは、現時点では不明ですが、少なくとも税率ごとに分けての処理等は必要ですので、軽減税率に対応した会計ソフトやPOSレジなどが必要な企業も多いとおもいます。

 

こういった事態は、会計ソフトをやPOSレジを販売しているような企業であれば大歓迎かもしれませんが、一般の事業所からしたら、ただ迷惑なだけで何一つメリットはありません。

 

また、軽減税率は2017年4月からのスタートですが、会社の決算期がそれと連動しているわけではありません。3月決算の企業ならまだ良いかもしれませんが、それ以外の場合には期の途中で軽減税率 対応の経理を運用する必要があり、影響がある可能性もあります。

 

 

当サイトでは、なるべく安価に軽減税率の会計業務を処理できる商品をご紹介したいと思います。

 

 

弥生会計やオービック、ベンチャーのFreeeなどからこうした商品は出てくると思われます。Freeeは、マイナンバーをきっかけにマイナンバー対応ソフトなどを安価に販売し信頼を獲始めている企業ですので、今回の軽減税率についても期待が持てる企業です。

 

このページの先頭へ